ブログ

2011年1月27日 木曜日

休肝日のススメ

こんにちは。院長です。

今日は酒飲みの皆さんにはつらい情報です(という私もつらい)。
筑波大学の児玉暁研究員と曽根博仁教授らの研究で、酒量と心房細動の関係を分析した論文が発表されたという話題が日本経済新聞に掲載されていました。

これまでの定説によると、適度な量の飲酒は心筋梗塞などのリスクを減らすといわれていましたが、実はそうでもないようなのです。


適量の飲酒とは、男性24g以下、女性12g以下となっています。これは純粋なアルコール量なので、たとえばアルコール度5%のビールでは500mlで20g、ウィスキーならダブルで24gですね。
しかしですねぇ。お二人の先生は過去の研究を解析、男女にかかわらず摂取量の多いグループは、最も少ないグループの1.5倍の心房細動を発症するリスクがあるとおっしゃっています。心房細動とは心臓の不整脈の一種なんですが、血栓(血の塊)を作って脳に飛ばしてしまい、脳梗塞を引き起こす恐れのあるものです。

そういうことで、適度な飲酒は健康の秘訣 とは言い難い世の中になってきそうなんですね。


私も今日は、休肝日にしようと思います・・・・・・

投稿者 カイロプラクティック オラキノ

アクセス


〒352-0001
埼玉県新座市東北1-14-1-210
東武東上線志木駅南口より徒歩2分

受付時間
月・火・木・金
10:00~22:00
水・土
10:00~17:00
定休日
日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら